Critique


司会者

田中 智之(タナカトモユキ)


  • 1971年 埼玉県生まれ。
  • 1994年 早稲田大学理工学部建築学科卒業。
  • 1999年 同大学大学院博士後期課程単位取得退学。
  • 2005年 熊本大学助教授 (〜2006)。
  • 2006年 TASS建築研究所を設立。
  • 2007年 熊本大学大学院准教授 (〜2018)。
  • 2014年 建築作品による博士号を取得(早稲田大学)。
  • 2018年 熊本大学大学院教授。

  • 2002年 日本建築学会作品選奨(早稲田大学會津八一記念博物館)。
  • 2013年 都市景観大賞[国土交通大臣賞](熊本駅周辺地域都市空間デザイン)。
  • 2015年 第1回まちなか広場賞[特別賞]((仮称)花畑広場)及び、第21回くまもとアートポリス推進賞(京町の家)。
  • 2016年 グッドデザイン金賞[経済産業大臣賞]「避難所用・紙の間仕切りシステム - 熊本地震での活用 -」。
  • 2017年 グッドデザイン特別賞[復興デザイン]「仮設住宅団地[御船町東小坂仮設団地]」。

  • <出展者へ向けての一言>
  • 予備審査では評価の視点として、@デザインレビューが目的としている本選での議論が行える論点があるかAそれを具体的なデザインで示そうとしているか、の2点の眼鏡をかけてみるようにしています。惜しくも本選に進めなかった人は、自分の作品で何を投げかけたかったのか、そしてそれが建築やまちづくりのデザインとどう関係していたのか、今一度レビューしてみてください。幸い本戦に進めた人は、今年は本戦の司会を担当しますので会場でお会いしましょう。

(クレジット:PHOTO BY SHUHEINEZU)


光嶋 裕介(コウシマユウスケ)


建築家 / 神戸大学客員准教授 / 光嶋裕介建築設計事務所


  • 1979年 米国生まれ。
  • 2004年 早稲田大学大学院修士課程建築学専攻終了。
  • 2004〜8年 ザウアブルッフ・ハットン・アーキテクツ(ベルリン)勤務。
  • 2008〜年 光嶋裕介建築設計事務所主宰。

  • 《凱風館》でSDレビュー2011に入選。

  • <出展者へ向けての一言>
  • 社会を変えるような強度ある建築、新しい空間の意欲的な提案に出会えることを心より楽しみにしています。

  • <今回のテーマ「繋花」にちなんで、ディスカッションや対談で刺激を受けた1番印象深いもの。その刺激による自分自身の変化>
  • 自らの美意識や価値観の物差しは、常に変化し続けることで、自分らしさの軸をつくることができるはず。固定観念や常識にとらわれず、自由な価値観に基づいた提案から多様な議論が起こることを楽しみにしています。


島田 陽(シマダヨウ)


建築家 / 京都造形芸術大学客員教授 /タトアーキテクツ


  • 1972年 神戸生まれ。
  • 1997年 京都市立芸術大学修了後、直ちにタトアーキテクツ/島田陽建築設計事務所設立。 「六甲の住居」でLIXILデザインコンテスト2012金賞、第29回吉岡賞受賞。石切の住居」で日本建築設計学会賞大賞(2016)「ハミルトンの住居」で House of the Year Award @ AIA Brisbane Regional Awards(2016) 著書に『7iP #04 YO SHIMADA』『現代建築家コンセプトシリーズ22/日常の設計の日常』等。神戸大学、神戸芸術工科大学、広島工業大学、大阪市立大学等非常勤講師。京都造形芸術大学客員教授。 。

  • Asia Pacific Property Award Architecture Single Residence Highly Commended/ LIXILデザインコンテスト2012金賞/第29回吉岡賞/日本建築設計学会賞大賞/ House of the Year Award,AIA Brisbane Regional Awards/ State Award, AIA、Queensland Architecture Awards/National Commendation, AIA National Architecture Awards/ Dezeen Awards 2018 House of the Year

  • <出展者へ向けての一言>
  • 様々な大学、学年の作品が集まるデザインレビューですので、どんな作品に出会えるのか楽しみにしています。

  • <今回のテーマ「繋花」にちなんで、ディスカッションや対談で刺激を受けた1番印象深いもの。その刺激による自分自身の変化>
  • 日々のそれぞれの設計に対する、友人達、事務所内での批評により設計した内容を記述する方法や言語が練られ、鍛えられたと感じています。


土居 義岳(ドイヨシタケ)


九州大学大学院・芸術工学研究院


  • 1956年生
  • 東京大学建築学科卒業、同大学院修了、博士(工学)
  • パリ=ラ=ヴィレット建築大学修了、フランス政府公認建築家
  • 東京大学建築学科助手、九州芸術工科大学助教授をへて現職

    • 日本建築学会著作賞(2018年)

    • <出展者へ向けての一言>
    • なにごとも徹底的にやるものです。

    • <今回のテーマ「繋花」にちなんで、ディスカッションや対談で刺激を受けた1番印象深いもの。その刺激による自分自身の変化>
    • 恩師故稲垣榮三における超絶な達観。磯崎新における無限な間口の広さと奥行きの深さ。布野修司における破格の構想力と組織力。持つべき能力についての認識を改めた。

(クレジット:Kenshu Shintsubo)


藤村龍至(フジムラリュウジ)


東京藝術大学准教授・RFA主宰


  • 1976年 東京生まれ。
  • 2008年 東京工業大学大学院博士課程単位取得退学。
  • 2005〜年 藤村龍至建築設計事務所(現RFA)主宰。
  • 2010〜年 東洋大学専任講師。
  • 2016〜年 東京藝術大学准教授。
  • 2017〜年 アーバンデザインセンター大宮(UDCO)副センター長/ディレクター、鳩山町コミュニティ・マルシェ総合ディレクター。

  • グッドデザイン賞ベスト100(2017)
  • 日本建築学会作品選集 新人賞(2016)

  • <出展者へ向けて一言>
  • デザインレビューに参加して新しい世代のヒーロー、ヒロインが誕生する瞬間に立ち会いたい。楽しみにしています。

  • <今回の大会テーマ「繋花」にちなんで、ディスカッションや対談で刺激を受けた1番印象深いもの。その刺激による自分自身の変化>
  • 2013年「あいちトリエンナーレ」でご一緒した劇作家の柴幸男さんとの対話。パブリックミーティングの「設計」は演劇でいう「演出」と通じるものがあるのかも知れないと指摘され、建築家に演劇的な能力がとても重要だと気付かされた。
  • https://www.cinra.net/interview/2013/08/09/000000
  • 「藤村さんがおっしゃった「設計」という言葉が、僕にとっての「演出」という言葉にそのまま置き換えられる気がします。僕らにとっては舞台上の空間ですが、例えば椅子の並べ方によってもお客さんの反応は変わる。それもまた演出なんですね。」

(クレジット:相川健一)


竹山 聖(タケヤマセイ)


京都大学教授 / 工学研究科建築学専攻


  • 1977年 京都大学卒業、東京大学大学院に進学、原広司研究室にて修士課程・博士課程を修める。大学院在学中に設計組織アモルフを創設。
  • 1983年 株式会社に改組、代表取締役に就任
  • 1984年 博士課程を単位取得退学
  • 1992〜年 京都大学にて教鞭をとり、現在に至る。
  • 1996年 ミラノトリエンナーレ日本パビリオン・コミッショナー。
  • 2005年 モントリオール映画祭5部門受賞の映画「KAMATAKI(窯焚き)」において美術監督をつとめる。
  • 2014年に日本建築設計学会を創設、会長をつとめ現在に至る。 著作に『独身者の住まい』(廣済堂出版)、『ぼんやり空でも眺めてみようか』(彰国社)など。 「未完結な事物」や「天と地の対位法」といったテーマを通し建築における詩的な対話を求め、また実践、理論、教育を通して建築的思考の可能性を追っている。 作品は設計組織アモルフのホームページ(www/amorphe.jp)参照。

  • 1991年アンドレア・パラディオ賞 2014年情報文化学会賞芸術大賞 2016年日本建築学会教育賞(教育貢献) 2017年科学技術分野の文部科学大臣表彰/科学技術省/理解増進部門

  • <出展者へ向けての一言>
  • 建築は空間加工のイメージを通して自由のありかを見定める、想像力解放の装置です。みずみずしい感性で豊かな世界を拓いていってくれることを期待します。

  • <今回のテーマ「繋花」にちなんで、ディスカッションや対談で刺激を受けた1番印象深いもの。その刺激による自分自身の変化>
  • 事務所のデスクの目の前にたまたま、小林秀雄の『近代絵画』(新潮文庫)と安部公房の『壁』(新潮文庫)、そしてジュリアン・バーンズの『10 1/2章で書かれた世界の歴史』(白水社)、モーリス・ブランショの『カフカ論』(筑摩叢書)がならんでいます。ブランショには『マラルメ論』(筑摩叢書)もあって、愛読して来ましたが、なぜか並んでいません。気に入っているものなので自宅に持ち帰ってベッドサイドに置いてあるのかもしれません。
  • 小林秀雄の『近代絵画』は高校の時に繰り返し読んで、とても影響を受けた本です。ボードレール、モネ、セザンヌ、ゴッホ、ゴーガン、ルノアール、ドガ、ピカソを各々論じたもの。とりわけモネ、セザンヌ、ピカソを論じた文章は今でも断片的に脳裏に蘇るほど。ボードレールが巻頭にあるのは、彼が近代絵画のありようを明快に位置付けたからで、マネに新たな絵画の出現を見ている(マネが描いたボードレールの肖像は有名)。高校の頃はバスケットボールに明け暮れた毎日だったけれど、一方で美術部の部長も務めていて、画家になりたい、という思いもなくはなかった。ちなみに中学の頃はミュージシャンが夢だったのだけれども。
  • 安部公房の『壁』は、とにかく好きで何度も読み返したけれど、本体もさることながらそこに付された石川淳の序文が素晴らしくて、建築を考える時、そして何より、「自由への壁」という最初の作品集の扉に掲げた文章に込めた思想を心に抱いた時に、一番影響を受けた文章でした。
  • ジュリアン・バーンズは大好きな作家で、かなり読んでいるのだけれど、とりわけ『10 1/2章で書かれた世界の歴史』はそもそも彼の存在を初めて知った作品。聖書や神やノアの箱舟や天国などをモチーフにしながら、ユーモア溢れる切り口で展開される小説は、ああこのようにある空間に世界を閉じ込めたり暗示したりできるのだ、という驚きと喜びを味わわせてくれる。建築的想像力にも結ばれています。
  • ブランショの『カフカ論』『マラルメ論』は、どちらも大好きな作家だからというだけでなく、ブランショ自身の思索の経路が、言葉について、存在について、イマージュについて、空虚について、深く考えさせてくれます。建築を語る言葉も、かくありたいもの。
  • 音楽について語りだすときりがないので、さしあたり、しかも目の前にある、本の話だけに。